본문 바로가기

ゴールデンシティ、慶州

慶州ニュース

ゴールデンシティ、慶州


思い出と愛を詰め込んだベンチ寄贈事業、順調

작성자
관리자
등록일
2014-01-29
< 誰かの小さな微笑みのために私の名が彫られたベンチ >

20130305.jpg

慶州市が2013年8月、慶州市民と観光客に安らかな休息の空間と思い出を提供するために推進した“思い出と愛を込んだベンチ寄贈事業”が順調に進められている。

実用性と美しさを同時に追求する慶州市の独特な文化的記念事業であるベンチ事業は、1次として瞻星台を始めとして西川などに“西川と共にした幼い頃の美しい思い出を記念して”という寄贈文が書かれている11脚を製作・設置した。

特に、慶州と共に永遠の思い出を残した第78回国際PEN大会の記念ベンチは、ユネスコが指定した慶州瞻星台に設置され、瞻星台を訪れる市民と観光客が国際PEN大会の精神と慶州で開催されたということを長く記憶することができる思い出のベンチとなった。

2次として皇城公園などに“健康な暮らし! 幸せな暮らし”という文が書かれているベンチ19脚を設置し、皇城公園を訪れる人々が一時楽に休んで行ける休息の空間を提供した。

今回は慶州玉山書院と慶州東宮と月池などに“ユネスコ世界文化遺産登載記念”という文と共に木材22脚と石材3脚を設置し、従来の画一的で硬いベンチとは異なり温かい感性のデザインで製作し、安らかさをプラスした。

そして慶州市は、このようにベンチを設置した寄贈者に感謝の手紙と現在の管理状態を伝えた。今後の寄贈者にも続けて管理内容を伝える計画で、設置場所も公共区域の9ヶ所개を含む慶州の全地域に拡大していく予定である。

慶州市の関係者は、ベンチの寄贈事業には誰でもが参加でき、寄贈者は卒業、誕生、結婚、古希、出会い、思い出の旅行、企業のPRなど、お望みの文字をベンチ刻んで思い出を胸に秘めると共に企業のPRにも効果があるため、今後は企業も積極的に寄贈できるよう推進すると明らかにした。
파일
이전글
『タマムシ電気自動車』の運行開通式
다음글
卵子直接採取技術を利用し高能力子牛1号誕生