본문 바로가기

ゴールデンシティ、慶州

慶州ニュース

ゴールデンシティ、慶州


慶州の物語をテーマに 新しい観光案内板設置

작성자
관리자
등록일
2011-09-22
< 「物語のある慶州旅行」 >

anae.jpg

慶州市は既存に設置されていた案内板から新たに観光案内板を設置し、観光客や市民らの目を引いている。

物語のある慶州旅行観光案内板は 大陵苑, 東宮と月址, 五陵, 鮑石亭, キム・ユシン将軍のお墓, 武烈王陵, 石窟庵, 感恩寺址の 8ヵ所の遺跡地に、既存に設置されていた案内板を撤去して 「物語のある慶州旅行」というテーマで今回新たに設置されたものである。

物語のある案内板は、慶州市と大韓民国代表漫画家である李賢世さんの合作で、新羅時代の歴史が分かりやすくかつ面白く構成した李賢世さんの原作から、歴史, 遺跡地の話が登場する物語を抜粹して慶州市が設置した。

各史跡地別の話をよく見れば, 五陵 には朴赫居世と新羅建国の物語, 武烈王陵には太宗武烈王と文明王后の物語, キム・ユシン将軍墓には花廊と世俗五戒, 感恩寺跡には文武王と万波息笛の物語, 石窟庵には金大星の物語が含まれている。

物語と一緒に掲載された案内図には市内圏 大陵苑, 武烈王陵, 鮑石亭に新羅王京都を設置して観覧客たちの好奇心を刺激している. 新羅王京都は民俗工芸村新羅歴史科学館で西洋畫家、畫伯イ・ゼゴンが製作して広く活用してきたことで新羅王京都を通じて千年の歴史を持った古代都市の慶州を一目に見渡すことができる。

また大陵苑には 「黄金の国、新羅」という題目で王冠、 天馬図、 絹鞍上 などを鮮明な写真で見せてくれることで新羅時代の華麗な文化をいきいきと見せてくれている。

同時に今年の7月に東宮と月址 で文化財の名が変更された雁鴨池(臨海電池)には 月址 で出土された酒令具を紹介して 案内図に表示して市内圏徒歩旅行観光客の便宜を提供している。

慶州市関係者は 「これから慶州市歴史·文化遺跡地にまつわる多様な物語を掘り出してこれを観光客たちに見やすく、分かりやすく共有していく予定」と言い、 「より一層易しくかつ面白く慶州が分かることができるように案内板に対する観光便宜性を検証して 2千年の歴史を持つ都市の精神、 郷歌・説話・野史・有史・花廊・画伯の話をストーリーテリング化して世界文化中心都市にふさわしい案内板設置事業も併せて行うこと」と明らかにした。
파일
이전글
慶州市, 親切タクシーで国内外のお客様を迎える。
다음글
レンズで観る美しい慶州