본문 바로가기

ゴールデンシティ、慶州

慶州ニュース

ゴールデンシティ、慶州


6富村ユッケジャン、ゴンダルビビンパを食べてみましょう!

작성자
관리자
등록일
2011-07-26
< 慶州料理「ビョルチェバン」開店 >

bibimbab.JPG

慶州市農業技術センターは、慶州の農特産物と文化が組み合わせた慶州郷土料理「ビョルチェバン」を開発、商品化し、6月9日12時より飲食関連教授及び企業団体、ジャーナリスト、市議会議員など100人余りを集めた「慶州郷土料理開店式」を「ビョルチェバン校洞サムパップ」(慶州市皇南洞)で開催した。

商品化された食べ物は、「6富村ユッケジャン」と「ゴンダルビビンパ」の2つだ。「6富村ユッケジャン」は慶州の優秀畜産物である千年韓牛と羊のホルモンをもとに作った宮廷式ユッケジャンで, 「ゴンダルビビンパ」は慶州市山内面の特産物である雌宝香(メタカラコウ)という植物を乾かして用いたビビンバで、コチュジャンの代わりにみそやカタクチイワシの粉などで作った独特のたれをかけることで味をより一層深くさせたものだ。

この2つの郷土料理は「ビョルチェバン」という名で商標登録された。「ビョルチェバン」には、「歴史をもとに未来を導く慶州の星を美しく描いた一食、 一つの晩餐」という意味が込められている。

「ビョルチェバン」は、慶州市皇南洞の「校洞サムパップ」と「隍城洞ジャンウォン炭火焼きガーデン店」で食べることができる。この2店は、事業特性に合うよう店内環境を改善し、料理技術を徹底教育することで味の固定化を可能にした。

慶州市農業技術センター所長は、「慶州の特産物だけを用いて作った「ビョルチェバン」を、慶州を訪れる観光客に知っていただき、今後慶州の代表的な食べ物になるよう育てる計画である。また、指定店舗も今後拡大していくつもりだ。」と語った。
파일
이전글
レンズで観る美しい慶州
다음글
儒教文化の宝庫である郷校で伝統婚礼を体験