본문 바로가기

ゴールデンシティ、慶州

慶州ニュース

ゴールデンシティ、慶州


大韓民国最高のサッカー大会、花郎大旗全国小学校幼少年サッカー大会

작성자
관리자
등록일
2014-01-29
< 全国171校の462チームが参加し、総986競技を行った全国最高の大会 >

20130814.jpg

延べ人員40万が訪問、地域経済に大きな波及効果が予想   千年の王都・慶州で、12日間の夢の木のサッカー大祭典である2013花郎大旗全国小学校幼少年サッカー大会が、8月13日にU-12部のグループ別の決勝戦を最後に盛況裏に終了し、歴史・文化・観光の都市である慶州市がサッカーの都市としてもう1度ポジションを高めたという評価を受けた。

2013年8月2日の開会式をスタートとして市民運動場の他8ヶ所で、全国171校の小学校の462チーム(海外の10チームを含む)が参加し、学校の名誉をかけて熱戦を繰り広げた今回の大会では合計986競技が行われた。   今回の大会のU-12グループ別の優勝は、Aグループは慶南馬山の合城小学校、Bグループは京畿の陵谷小学校、Cグループは慶北の浦項製鉄東小学校、Dグループは大邱の半夜月小学校、Eグループは忠北の清南小学校、Fグループは京畿の茂院小学校が手にした。

U-11グループ別の優勝は、Aグループは慶北の製鉄南小学校、Bグループは京畿の新谷小学校、Cグループは全北の文化小学校、Dグループはソウルの大同小学校、Eグループは蔚山の三湖小学校が手にした。

U-10グループ別の優勝は、Aグループはソウルの大同小学校、Bグループは慶北の浦項製鉄東小学校、Cグループは全南の順天中央小学校、Dグループは蔚山の鶴城小学校、Eグループは忠北の徳成小学校が手にした。

慶州市は今回の大会開催1週間前から、大会期間中に参加選手団が芝生に適応するためにサッカー公園及びアルチョンサッカー場、西川の川辺、東国大などの全球場を最上の条件に整えて選手らが競技に臨めるよう練習訓練場を提供し、特にアルチョンサッカー場の全球場の他にサッカー公園の4球場にも日よけと障害者用観覧席を設置し、観覧客が便利に応援できるようにした。   大会期間中は慶州芸術の殿堂で「8月に雪が降る慶州芸術の殿堂」、普門野外国楽公演、鳳凰台ミュージックスクウェア公演、夏の夜の花祭り、普門水上公演場での公演、エキスポ公園での「Miso(美笑)Ⅱ 神国の地」、「FLYING」公演などの多様な文化イベントが開催され、父兄と選手団、そして市民に多くの見ものを提供した。

また、コメディアンの金正烈(キム・ジョンリョル)が司会を務めた「愉快な!!!花郎大旗歌謡スターのど自慢」は、父兄と指導者のためののど自慢で、市民、父兄、そして選手らに笑いを提供した。

慶州市が今回の大会を成功させることができたのは、多様な見ものの他にも参加171校の小学校と機関・団体別に姉妹友好を締結して支援することにより大会の開催に万全を期し、前年の大会の進行過程で示された不備な点を積極的に補完し、選手及び応援団と宿泊所、飲食店の利用の不便な事項を積極的に改善するなど、行事の進行をスムーズに支援することにより、大会の関係者は言うまでもなく監督と父兄からお褒めの言葉を受けた。

また慶州市は選手の父兄の応援団の不便解消のために参加チーム別の案内担当公務員を指定し、大会運営要員を始めとしてボランティア、交通統制要員、医療支援、環境整備、公務員など、延べ人員3千5百万名以上を行事期間中に動員し、不便がなく選手が競技にだけ専念できるよう支援するなど、全国トップのスポーツ祭りとして発展させたという評価を受けた。 

特に、慶州市は観光のオフシーズンに全国最大規模の幼少年サッカー大会を意欲的に誘致し、10年間成功裏に開催し、今回の大会にも選手、父兄、応援団など約40万人以上が訪れ、地域経済に大きな波及効果が現れたものと推定されている。 

一方、慶州市が全国最大規模の幼少年サッカー大会を成功裏に開催できたのは、過去10年間開催したノウハウを基に文化観光都市である慶州のみが開催することができる立派な球場施設と豊富な宿泊施設を備えているだけでなく、1千5百名以上の全公務員と慶州市民が自発的に奉仕活動を行い全国最高のスポーツ祭りとして昇華させ、今回の大会に参加した選手と役員陣は言うまでもなく父兄からも、慶州は大きなサッカー大会を永久に開催することができる最適地であると好評を受けた。
파일
이전글
イスタンブール-慶州世界文化エキスポ2013
다음글
柱状節理のパドソリギル(波の音の道)、全国最優秀賞受賞