본문 바로가기

ゴールデンシティ、慶州

慶州ニュース

ゴールデンシティ、慶州


慶州市 ⇔ (株)宝鼎、投資了解覚書(MOU)を締結

작성자
관리자
등록일
2014-01-29
< 乾川龍明産団内に340億ウォン以上を投資して自動車部品工場を建立、210名余りの新規雇用の創出を期待 >

20130409.jpg

慶州市は(株)宝鼎と2013年4月9日、慶州市庁の映像会議室で自動車部品生産工場の建立に関する投資了解覚書(MOU)を締結した。

(株)宝鼎は慶州市乾川邑の乾川龍明一般産業団地内の敷地面積24,790㎡(7,500坪)、建築延べ面積18,180㎡(5,500坪)規模に総額343億ウォンを投資して建設され、4月に着工され8月に竣工する。

乾川龍明産団に入居する(株)宝鼎の慶州工場は、持続的な研究開発と独自的な技術力を基に最先端の設備を備えて、自動車自体の部品7種を生産し、現代自動車や起亜自動車などに納品する計画である。

また(株)宝鼎の親企業である(株)シンヨングループは1999年3月に設立され、本社を慶尚北道永川市に置き、韓国に4つの法人と8つの工場、海外に2つの法人を運営している中堅企業で、韓国市場は言うまでもなくアメリカ、日本、ヨーロッパ、中国などの海外市場にも技術力が認められている自動車自体の部品と金型製作の専門企業である。

今回の投資を通じて210名以上の新規雇用の創出が予想されており、中堅企業である(株)宝鼎の慶州市の誘致により中小協力企業の同伴投資が期待されており、最近の景気沈滞による一部産業団地の未分譲の解消に役立つだけでなく、地域経済の活性化と雇用の創出に大きく寄与するものと期待される。
파일
이전글
「国際ヒーリングセンター」竣工
다음글
慶州市-スロバキア・ニトラ市と友好都市意向書を締結