본문 바로가기

ゴールデンシティ、慶州

慶州ニュース

ゴールデンシティ、慶州


『第23回慶州さくらマラソン大会』

작성자
관리자
등록일
2014-05-23
< 新羅人の息づかいが感じられる都市! 慶州を走る。 >

20140407090434_1(마라톤).jpg

新羅千年の古都であり歴史・文化・観光・スポーツの都市である慶州で、2014年4月5日に『第23回慶州さくらマラソン大会』が開催された。

慶州市と日本読売新聞西部本社が共同で主催し、慶州市体育会が主管した『第23回慶州さくらマラソン大会』は、去る4月5日(土)の午前8時に慶州世界文化エキスポ広場前の道路で、韓国のマラソンランナー 12,751人と31ヵ国1,300人の外国人など合計14,051人が参加し、新羅人の息づかいを一緒に感じながら若さと健康を確認する力強いレースを繰り広げた。

特にこの日、恵応吉西安市政府副秘書長を団長とする姉妹都市の中国西安市の代表団12人と、キクチ・ミエ教育次長を団長とする友好都市である日本日光市の代表団13人もマラソン大会に参加し、慶州市との友好関係をより深めた。

燦爛たる歴史文化と天恵の自然景観を誇る美しい慶州で開催された今回の大会は、見もの、食べもの、楽しさがある祭りの雰囲気の中で開催された。

また、マラソン大会が開催される全区間で、慶州市民1,700人余りが熱のこもった応援を繰り広げた。

参加者全員には記念品を始めとして番号カードと完走メダルが与えられ、男女一般部のフルコース、ハーフコース、10㎞は1~30位まで授賞し、邑面洞対抗、競技連盟対抗にも授賞した。
파일
이전글
慶州-西安、姉妹締結20周年を迎る!
다음글
慶州で2015世界水フォーラムの当事者準備総会を開催