본문 바로가기

ゴールデンシティ、慶州

慶州ニュース

ゴールデンシティ、慶州


『生涯学習都市』宣布式

작성자
관리자
등록일
2014-01-29
< 学びて時にこれを習ふ、亦説ばしからずや~ >

20131128.jpg

慶州市は2013年7月に教育部が指定する『生涯学習都市』に選定され、11月27日に徐羅伐文化会館で生涯学習都市宣布式を行った。この日、慶州市は生涯学習都市に選定されるまでのプロセスを報告し、今までの生涯学習の活動を映像で見せたり、生涯学習都市の選定に寄与した有功者らに功労牌を授与した。

慶州市は既に1331年前に韓国初の教育機関である新羅国学が設立された教育都市で、2008年の生涯教育振興条例の制定と生涯教育協議会の構成、全国初の生涯教育指導者協議会の発足、地方自治団体初の生涯教育士の採用、全国初の生涯学習敬老堂の指定、最高の名士を招いての和白フォーラムを月2回、訪ねていく幸せアカデミーを月1回、300年のノーブレス・オブリージ経営哲学の崔富子アカデミー、生涯学習村つくり、英才創意教育専門家、MICEコーディネーター、文化解説士の養成などにより、市民にいつでもどこでも楽しめる多様な学習の機会を提供してきた。

また、地域の学生を創意力と人性を兼ね備えたグローバル人材として育てるために、2010年に慶州市の教育経費の補助に関する条例を改正して、前々年度には市税の3%になっていた教育経費の補助基準額を5%に上向調整し、2010年の23億ウォンから2011年には46億ウォン、2012年には51億ウォンを支援し、今年は「おかあさんのふところで1日中ケア」と「放課後のケア教室」、学力アップのための補充活動費、特性化プログラム、英語体験教室の構築など、教育環境の改善に62億ウォンを支援した。

特に2014年度には邑面地域の小・中学校の給食の支援を続けて推進すると共に洞地域の小学校まで全面的に拡大させ、慶州市内の全小学生で無償給食を実施する予定である。また、従来の慶北大学、嶺南大学、大邱大学に続き啓明大学にも3億ウォンを投資して郷土生活館協約を締結する。これにより各大学から30名ずつの慶州地域の学生が寄宿舎で生活するため、家計の負担を減らすことができる。

これから慶州市は、名実共に大韓民国の代表的な生涯学習都市として再誕生し、生涯学習により市民の幸せな夢がかなうよう最善を尽していく予定である。
파일
이전글
農産物ブランドに新風、「慶州・尼師今」
다음글
慶州市、次世代の環境新技術の常用を可視化