본문 바로가기

ゴールデンシティ、慶州

慶州ニュース

ゴールデンシティ、慶州


慶州市、次世代の環境新技術の常用を可視化

작성자
관리자
등록일
2014-01-29
< 慶州市が初の環境分野の特許を獲得 >

20131122.jpg

慶州市は韓国のマイクロバブル市場をリードしている(株)シンセンテックと、環境新技術の共同研究開発のために2013年11月22日、慶州市都市開発局長室で協約書を締結した。

世界的に水産業に対する需要と供給が拡大するにつれ、慶州市では新しい環境技術の先進化及び技術開発の分野で浮上しているマイクロバブルを利用した次世代の環境技術を企業と共同で開発し、国内外の水産業市場をリードする準備を整えた。

協約式では、キム・ヨンチュン都市開発局長とキム・ヤンゴン(株)シンセンテック代表の協約書へのサインと交換が行われ、続いて環境タイムズ・上下水道新聞のリュ・チョル代表と“未来の国家成長動力である緑色水産業の活性化”のための相互協力協約書を締結した。

環境技術の研究開発の中心に立った慶州市エコ-水センター所長は、「エコ-水センターでは既にマイクロバブルを利用した急速処理技術関連の特許を1件取得し、今後環境新技術の取得及と常用化を進め、慶州市が名実共に環境先導都市として跳躍することができるよう最善を尽す」という意志を語った。
파일
이전글
『生涯学習都市』宣布式
다음글
地域の環境専門企業と共同研究開発のための協約書を締結