본문 바로가기

ゴールデンシティ、慶州

慶州ニュース

ゴールデンシティ、慶州


慶州市、中国の宜昌市と友好都市締結調印式

작성자
관리자
등록일
2014-01-29
< 中国の観光市場の拡大、交流の増加を約束 >

20131021.jpg

慶州市は、中国湖北省の宜昌市と2013年10月18日に友好都市締結調印式を行った。 友好都市締結調印式の前に慶州市庁は、発電量1千820万トンの世界最大の水力発電所と1万トン級の船舶2隻が出入りすることができる閘門式運河として有名な三峡ダムを見物し、宜昌市のLS紅旗電線と宜昌ハイテック団地の産業視察を行った。

宜昌市は人口420万名で、揚子江の三峡の入口にあり、巴蜀文化の発祥の地で長い歴史文化がある。また、楽天渓谷、西陵峡、金獅洞、宋山森林公園、三峡観光団地などの天恵の自然景観がある都市として有名である。

慶州市長と馬旭明宜昌市長は両都市間の交流を拡大し、相互の発展に役立つ友好関係が続くよう力を合わせようという内容の協定書にサインし歓談を交した。慶州市と宜昌市は友好都市締結調印式を契機として、文化、体育、観光分野などの活発な民間交流と協力を続けていく。 
파일
이전글
我が村の郷土資源ベスト30選コンテスト、甘浦カクチ道が最優秀賞受賞
다음글
「慶州-揚州市の深い縁」