본문 바로가기

ゴールデンシティ、慶州

慶州ニュース

ゴールデンシティ、慶州


新しいランドマーク、慶州ハイコ(HICO)!

작성자
관리자
등록일
2014-10-17
< 慶州ファベクコンベンションセンター、慶州市の新しい成長動力として定着 >

20140729152530_1.JPG

慶州ハイコ(HICO)は2014年12月の竣工を目標として建立中である。

建築規模は敷地42,774㎡、建築延べ面積31,307㎡で、3,400席規模の大会議室と 12の中・小会議室、6,274㎡の室内外の展示場を備えており、大規模な国際会議 のみならず学会の会議、セミナー、各種展示会、公演などの多様な行事を開催することにより慶州のMICE産業という新しい産業を創出し、地域の発展に大きく寄与するものと思われる。

オープン以降のコンベンションセンターの経営収益を高めるために地下1階に 1,300㎡ほどの商業施設を拡充し、会議室などの関連施設の使用者の便宜性を増大することができるよう施工している。特に参加者の会議、宿泊、晩餐、観光などの全てのサービスが円滑に行われるよう、周辺の施設との連係性を施工段階から徹底的に考慮している。

慶州ハイコは。韓国のコンベンションセンターの中でも屈指の国際会議中心型のセンターである。また、観光特区である普門団地の中心に位置しており、周辺の美しい風景と宿泊、レジャーなどの多様な便益施設と体験、観光施設を均一に備えており、国際機構、企業、政府などのコンベンション主催者らから注目されている。

コンベンションの誘致のために2013年10月に設立された慶州コンベンションビューローが、短い活動期間であるにも関わらず現在、世界水フォーラムを始めとしてMicroTAS 2015国際学術会議、2015大韓痛症学会、YESDEX 2015(嶺南地域の国際歯科学術大会及び機資材展示会)、ICAR Korea 2016(国際シロイヌナズナ研究学術大会)など、既に多くの国際会議を誘致しており、2015年のオープン以降のコンベンションセンターの運営がスムーズに行われるものと思われる。
파일
이전글
スロバキア・ニトラ市(NITRA)と慶州が姉妹都市として出会う!
다음글
2014慶州世界笛祭り「万波息笛」