본문 바로가기

ゴールデンシティ、慶州

慶州ニュース

ゴールデンシティ、慶州


2014慶州世界笛祭り「万波息笛」

작성자
관리자
등록일
2014-10-17
< 楽しさと興奮で満ちたヒーリングコンサート >

20140623093911_1.jpg

新羅の安全と平和を守ろうという願いが込められた<万波息笛>のストーリーを基にした2014慶州世界笛祭りが、国楽の発祥地であり初の音楽機関である音声署があった伝統文化芸術の本場である慶州市の芸術の殿堂で、2011年から今年で4回目を迎え、2014年6月20日から22日までの3日間繰り広げられた。

今回の祭りはヒーリングコンサートというテーマで、市民と観覧客に大好評であった。開幕公演では伝統と現代、そして国籍を超越した多国籍ミュージシャンらの音楽とダンスで、1,300席の大公演場を埋め尽くした観客が老若男女を問わず興奮の坩堝と化すには十分であった。

世界笛名人展は、招待国家6ヶ国(韓国、ベルギー、中国、日本、ラオス、タイ)の名人の演奏と解説映像などがよく調和した名品演奏が繰り広げられ、笛祭りのマニア層をより拡大し、展示場では30ヶ国の230余りの世界の楽器の展示と多様な体験が行われ、特に子どもと父兄に好評であった。

フォーラムは6ヶ国の名人らと共に、見て、聞いて、体験するフォーラムで、「世界の管楽器の構造と特徴」というタイトルで開催された。若手の養成のために開催された全国大芩(テグム)コンテストは今年で11年目を迎え、デグムを専攻しようとする新人らの登龍門、そして専攻者らが実力を競い評価を受ける全国唯一のコンテストである。

慶州世界笛祭り「万波息笛」は、名実共に万波息笛というブランドで世界的な音楽祭りとして定着している。
파일
이전글
新しいランドマーク、慶州ハイコ(HICO)!
다음글
慶州でのみ味わえる郷土料理「ピョルチェバン」