본문 바로가기

ゴールデンシティ、慶州

慶州ニュース

ゴールデンシティ、慶州


慶州でのみ味わえる郷土料理「ピョルチェバン」

작성자
관리자
등록일
2014-10-17
< 六部村ユッケジャンとメタカラコウビビンバで観光客を魅了する。 >

20140306092804_1.jpg

慶州市は観光客に慶州の郷土料理を味わうことができる機会を提供し、地域で生産する食材料をアピールするために「ピョルチェバン」を開発した。

「ピョルチェバン」は、「星(ピョル)」と「菜飯(チェバン)」の合成語である。星(ピョル)は慶州に位置する東洋最高の天文台である「瞻星台」が象徴する星のように美しい韓国料理、そして現在と未来の最高であるという意味が込められており、「菜飯(チェバン)」は食膳という意味の韓国語で、慶州市が合成語を作り「ピョルチェバン」を商標登録した。

「ピョルチェバン」は慶州市の食文化を代表する伝統料理であり、固有ブランドとして慶州に訪れる観光客に慶州の味を伝える。

「ピョルチェバン」は開発されて間もなく、メインメニューの「六部村ユッケジャン」と「メタカラコウビビンバ」の2品と、サブメニューの「カレイのフルーツソース炒めとかぼちゃ」と「チョンボクチョ(アワビの甘露煮)」の2品の合計4品で、現在運営中の飲食店は、ピョルチェバン校洞サムパプ店、チャンウォン炭火ガーデン店、プルグク店、普門店、新慶州駅店の5ヶ所である。

ピョルチェバンはお1人様用として準備され、こざっぱりとしていて衛生的なので外国人にも好評である。

ピョルチェバンの誇りは、韓国初でHACCP(危害要素重点管理基準)認証を受けた千年韓牛と、慶州山内面の標高1,013mの高地で自生するメタカラコウを環境にやさしい方式で栽培し、味と香りに優れた慶州の特産物を使うということである。

また、きれいな海域である甘浦の海で漁獲された脂肪が少なくあっさりした味のマガレイと、環境にやさしい方法で生産されたアワビをメイン材料として厳選して使う。
파일
이전글
2014慶州世界笛祭り「万波息笛」
다음글
国際テコンドー大会はテコンドーの発祥地、慶州で!