본문 바로가기

ゴールデンシティ、慶州

慶州ニュース

ゴールデンシティ、慶州


国際テコンドー大会はテコンドーの発祥地、慶州で!

작성자
관리자
등록일
2014-05-23
< 『第8回慶州コリアオープン国際テコンドー大会組織委員会』発足 >

20140403093714_1(태권도).jpg

7月に開催される第8回慶州コリアオープン国際テコンドー大会の完璧な準備と運営のための大会組織委員会の創立総会が、組織委員会の委員とテコンドー関係者を始めとした来賓らが参席した中で、2014年4月2日午後3時に慶州市庁の閼川ホールで開催され、午後4時30分には懸板式が慶州室内体育館の南門で盛大に行われた。

この日の創立総会では定款を制定し、組織委員長を慶州市長、常任副委員長を慶州市テコンドー協会の キム・ムンス直前会長とする組織委員会(委員75人)を構成した後に、大会の開催を成功させるために慶州室内体育館の南門で懸板の除幕式を行った。

第8回慶州コリアオープン国際テコンドー大会の組織委員会は、大会の準備・運営、資金の調達、大会の総合計画の樹立と執行、大会の開催に関連した文化・芸術行事の企画及び推進、大会の開催に必要な支援対策の推進、そしてその他の組織委員会の目的達成に必要な事業などを推進する。

 第8回慶州コリアオープン国際テコンドー大会は、2014年7月11日から7月16日までの6日間、慶州室内体育館で開催され、韓国の中等・高等・大学・一般部を始めとした国内外のテコンドー協会及びクラブチーム 50国余りの2500人以上が参加することを目標としている。

今回の大会では全世界にテコンドーの宗主国である大韓民国とテコンドーの発祥地である慶州をPRし、テコンドー精神とテコンドー文化を普及することは言うまでもなく、2012年10月に慶州で開催された第7回慶州コリアオープン国際テコンドー大会の経験を土台として、テコンドー遺跡地に連係した市内商圏及び 伝統市場シティツアー、市民が参加するテコンドー体験行事などの多様なプログラムで地域経済の活性化に寄与し、市民の関心と参加に集中する計画である。

去る2012年10月25日から10月30日まで6日間開催された第7回慶州コリアオープン国際テコンドー大会は、43ヵ国293チームの2,190人(外国人660人)が参加した歴代最大規模の大会で、慶州のPRと地域経済の活性化に大きく寄与した。

大会の組織委員長である慶州市長は挨拶で、本大会が無事に推進できるよう大会関係者らが大会の準備に総力を傾けることと、慶州を訪れる国内外のテコンドーファミリーと観光客らが新羅千年の歴史と情趣を思いっきり感じ、テコンドーの発祥地である慶州がテコンドー人に多くの意味と思い出の都市として残るよう、全市民が努力するようお願いした。
파일
이전글
慶州でのみ味わえる郷土料理「ピョルチェバン」
다음글
慶州-西安、姉妹締結20周年を迎る!