본문 바로가기

ゴールデンシティ、慶州

慶州ニュース

ゴールデンシティ、慶州


3万5千本の慶州の桜を見に行こうか? 千年の歴史を誇る慶州の桜ツアー

작성자
관리자
등록일
2015-04-12

20150406110208_1.jpg

都市全体が白とピンクの桜で染まる慶州は、かつてから桜の名所として全国に名声を博した。

慶州市は今年、桜と様々な花々の饗宴が繰り広げられる「春の桜の名所10選」を紹介した。

4月、慶州は最も美しい色を誇る。旅行によい季節、グリーンとピンクの華やかな慶州の春を見に行こう。

春になると一層美しい慶州の春の道10選
千年古都「慶州」の桜は、どこであると選べないくらい都市全体が美しい。
普門湖の道、大陵苑、月城、興武路など、慶州のあちこちで桜を見ることができる。

淡いピンク色の桜、濃いピンク色の桜、そして時には白い雪のような桜が暖かい春になると一斉に咲き乱れ、風に吹かれて舞い上がる。満開の時も美しいが、春風に吹かれて雪のように舞う桜もステキである。

▴桜の中の桜!- 普門観光団地、普門湖の道、普門亭
普門観光団地内の普門湖の道は、名所に選ばなくても大韓民国のベスト桜道として広く知られている。湖畔に沿って広がる桜を見ながら散歩をすると、いつの間にか10kmほどの普門湖を一回りすることができ、健康とヒーリング、そして春の外出が楽しめるステキなコースである。

隠れた桜の名所であり、写真作家らの行きつけの場所としても知られている「普門亭」にも桜が満開である。普門亭は、ヒルトンホテルの向かい側から左の対角線方向に歩くと絵のような亭がある。一般的な染井吉野ではなく、枝垂桜を見ることができる。

▴桜が半分、人が半分の桜道- 興武路、金庾信の墓の桜道
慶州興武路の桜道は、国土交通部が選定した「美しい韓国の道100選」に選ばれた。特に兄山江と松花山が見事に調和し、美しいドライブコースとしても十分である。

夜の明かりで桜が華やかに生まれ変わる。金庾信将軍の墓まで続く1kmの道路の両側から伸びた桜のトンネルをゆっくりと歩くのも観光のポイントである。
金庾信の墓の桜道は隠れた桜道で、運がよければレンギョウと桜を同時に写真に収めることができる。

▴恋人と一緒に- 大陵苑の石垣の道、瞻星路の散歩道、月城~大陵苑の道
大陵苑に沿って歩く桜道は、千年の古都の風情を感じながら歩くことができる。大陵苑の石垣の道を歩き、瞻星台を眺め、月城で新羅の華麗であった気性と昔の新羅の人々の奇抜さ、そして科学的な文化財を目にすることができるため、常に家族単位の旅行客で賑わっている。

特に月城と東部史跡地一帯は、春の空をびっしりと覆い尽くす桜を眺めながら恋人や家族と一緒に散歩するのによいコースである。4月に時期がうまく合えば、黄色い菜の花とピンクの桜が調和し、1枚の春の絵が完成する。月城の桜は、遠くから見ると1枚の絵のようである。満開の桜は言葉で表現するよりは、胸に大切にしまっておくのがよい。

▴秘密の桜の花園 – 東台峰山の鍪蔵峰に行く道「暗谷桜トンネル」
東台峰山の鍪蔵峰はススキ畑で有名であるが、鍪蔵峰がある暗谷村に入る道は春には桜のトンネル、秋にはコスモスの道で、知る人ぞ知る道である。空を覆い尽くすくらい満開の桜のトンネルで有名である。
4月の第2週まで慶州全域に咲き乱れる桜見に出遅れたならば、暗谷洞の桜トンネルに足を運べば慶州の最後の桜を満喫することができる。

▴これ以外にも、芬皇寺から半月城、そして博物館に行く道、仏国寺の桜の庭園と仏国寺の山桜が異色の桜の名所として知られている。また、市内から統一殿方向にある慶北山林環境研究院の周りには、桜と花々の饗宴が満喫できる秘密の花園がある。

▴桜を見て、楽しい公演も楽しもう!
文化公演のイベントである「鳳凰台ミュージックスクエアー」が来る3日に開幕し、10月中旬まで毎週金曜日に慶州の夜空を飾る。特に4月の1ヵ月間は、観光客と市民が一緒に慶州の春を楽しむことができる舞台を準備している。
파일
이전글
「水のオリンピック」第7回世界水フォーラム
다음글
第4回韓日国際美術交流展に参加するため慶州を訪問宇佐市文化協会