본문 바로가기

ゴールデンシティ、慶州

慶州ニュース

ゴールデンシティ、慶州


華麗な花宮廷に変身する千年古都慶州

작성자
관리자
등록일
2012-04-13
< 東部史跡地一円に大規模花団地造成 >

20120413.jpg

- 花と史跡地が調和する盛りだくさんの公演準備
-見る楽しさと聞く楽しみで五感満足

慶州市は既存史跡地だけでは観光客誘致に限界があると判断し、去年に引き続き今年も東部史跡地一円42万㎡の遊休地を派手な花団地に変身させることにした。

今年3月、市民と観光客の目をひく花畑の造成が始まり、4月上旬に開花する菜の花やコスモス、蓮の花、野生花、花の庭園、生態トンネル、花の道、そば、栗、きびなどの観賞用植物団地や、季節別に多様な花が見られる大規模花団地の造成を進めている。

東部史跡地一円は全国有数の撮影名所して知られている。去年、菜の花と蓮の花の開花時期に東部史跡地一円は、写真家や報道関係者はもちろん、たくさんの観光客が訪れ、慶州市の観光客1千1百万人時代の開幕に大きく寄与した。

この花団地と伝統音楽と現代音楽が調和するイベントを行うことで、観光客や市民に見る楽しさと聞く喜びを伝えるプログラムを準備する。

このプログラムは、今年4月から10月までの毎週金曜日20時から1時間行われる予定である。春には菜の花団地、夏には蓮の花団地、秋には桂林とすすき団地を観賞しながら、大琴、伽椰琴、奚琴などの国楽公演やサキソフォン、ギター、トランペット演奏、招待歌手の公演、観覧客参加型のイベントなどを通して昔の新羅の風流な生活を感じてもらうことが、慶州観光の一つになるよう慶州市は期待している。
파일
이전글
2012年 普門野外国楽公演 開幕
다음글
慶州市, 親切タクシーで国内外のお客様を迎える。