본문 바로가기

ゴールデンシティ、慶州

慶州ニュース

ゴールデンシティ、慶州


晩秋の陽南の波の音を聞きヘパラン道を歩く

작성자
관리자
등록일
2014-12-17

20141110145227_1.jpg

慶州市は11月8日に、ヘパラン道の10コース(亭子港~羅兒海辺)中の核心区間である柱状節理のパドソリギル(波の音の道)と邑川港の壁画村を市民にPRするため、陽南下西港から羅兒海辺までの約3kmを歩く「ヘパラン道慶州区間ウォーキング行事」を実施した。

今回のウォーキング行事は200名以上の市民が参加し、ヘパラン道慶州区間の担当者の解説と案内を受けて進められ、参加者から好評を受けた。

この区間にはヘパラン道の白眉と言える、世界でも珍しい独特な形状の扇形の陽南柱状節理と、韓国水力原子力㈱月城原子力本部の支援を受けて造成された邑川壁画村があり、目を楽しませてくれる区間である。

これまで慶州市は、文化体育観光部の東海岸に沿って歩く「ヘパラン道」の慶州区間を、より歩きやすく、多様な見物とストーリーテリングがある区間として開発するために多くの努力を傾け、今後もヘパラン道の慶州区間を近隣の遺跡地などと結び付けた名品区間として造成していく計画である。

陽南柱状節理群は軍事保護区域であるため一般人の出入が禁止されていたが、2011年に一般人に公開されて以来、慶州市の絶えない開発によりここに訪れる観光客から注目を浴び、現在は慶州旅行の必須コースとして定着している。

この日の参加者は、自然が作り出した最高の芸術作品である柱状節理と共に、さわやかな波の音を聞いて家族間のコミュニケーションとヒーリングを受ける大切な時間になったと喜んだ。
파일
이전글
普門湖を一周してヒーリング、散歩してください!
다음글
慶州東宮植物園「スタンプラリー」実施東